博多港にておもてなし

JUGEMテーマ:アート・デザイン

昨年末頃から取り組んでいたお仕事です。
博多港は九州の海の玄関口としてとくに近年お客さんの多い港となり
福岡市としても市民でお客様にウエルカムな気持ちを、と
アート福祉施設にお声が掛かりました。

工房まるピースプラント、そしてアトリエブラヴォで
何が出来たのでしょう?
海風が気持ちのいい春の日に、みなで完成を見に来ました。


まずは11月の九州場所のある福岡国際センターとサンパレスの間を海に抜けたところに
「どすこい!」樋渡さん

そこに加わった新スタッフの田川弘宣さん

…このあとどうなったか?
ご想像にお任せします。
この路面マーキングは
例えばベイサイドプレイスまで○メートル、という
4カ国語(日本語、英語、韓国語、中国語)の案内のためにあるのですが
それだけでは勿体ないと
歩いて来た人々が何かアクションを起こしたくなるようなものを考えました。
アトブラはこうやって小さい土俵の形をした路面マーキングを提案
土俵の周りには相撲の取組みの型なども絵で紹介されていますよ。
博多のお散歩に何かしら思い出を提案できたでしょうか?

他の施設もホラ

国際会議場とサンパレスの間の道を海に出たところには
手をつなぐ育成会ピースプラントの「けんけんぱ」の出来る絵だったり


国際ターミナルと合同庁舎の間には
工房まるの博多名物いろいろだったり

ベイサイドプレイスの建物の間には
ピースプラントの太陽と人だったりして
すごく楽しい空間が出来ています。

国際センター前のバス停あたりには工房まるのサカナの絵もあります。


それからそれから
マリンメッセの前の通り、奥にはフェリーが外国から到着するのですが
その道の両側の街灯に吊るされたバナー、きれいに並んでいます。


短いものは1.2mの長さに横長の絵を入れました。
どうです?






長い形のものは2mの長さの中にウエルカムな気持ちを、下にご挨拶を入れています。
こんなかんじ。





風が吹いて何枚か破れたり飛んだりしているみたいで
時々欠番が出るようですが、今はまだ大丈夫。

是非見に行ってみて下さい。

博多港がますます明るくなりました。

バナーは
福岡県福岡市博多区沖浜町マリン通りの両側に
路面マーキングは
その辺りから
福岡県福岡市博多区築港本町辺り、ベイサイドプレイスまで。です。
国際センター付近の地図↓
大きな地図で見る


ご意見・ご感想

メールにてお待ちしています。

検索

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

カテゴリー

アーカイブ

リンク

モバイル

qrcode